睡眠不足の人のための睡眠サプリの選び方

睡眠不足ってとっても辛いですよね。
全く眠れない人、眠れているけれど体の疲れが全然取れていない人、これどちらも睡眠不足です。
後者の場合は、体の疲れが取れていなくても一応は眠れているので、睡眠不足と違うんじゃ?と思われがちですが、良質な睡眠がとれていないため体の疲れが全然取れていないんです。
こんな辛い睡眠不足を解消するため、たくさんの睡眠サプリが販売されていますね。
でもいざ買おうと思ってもたくさんありすぎて、どれを選んだらいいのか正直迷いますよね。
睡眠サプリを選ぶ際には、そのサプリに睡眠を促す成分がきちんと配合されているものを選びましょう。
その成分は「セロトニン」です。
現代人はセロトニンが不足していることが原因で不眠に悩んでいる人が多いんですよ。
サプリメントは薬ではないので、即効性はありませんが、飲み続けても副作用がないのが良いですよね。
飲み続けるとなるとどうしても目が行きがちなのが価格です。
ですが、続けやすい価格でも睡眠を促してくれるような成分が配合されていないものだと、結局飲み続けても効果は得られず、お金の無駄遣いになってしまいます。
ですから、価格や飲みやすい形状で選ぶのも悪いことではありませんが、成分は必ずチェックしましょう。
私のこういった情報源となったのは「睡眠サプリで不眠症を改善!原因を解消して快眠ゲット!」のサイトで書かれている「睡眠サプリ」の記事です。
まだご覧になったことのない方は、一度は見ておいた方が良いと思います。
睡眠サプリの全てが書かれています。

続きを読む

芸術の書道って歴史を知りたいです

ノート五冊パックを大量買いしてきました。一冊に暇な時、沢山、右利きで文字を書いています。
左で書くのと、右ってやっぱり、文字の違いが分かりますね。
右の良さって、やっぱり、書道に興味がある人からいったら、いわゆる書道の人にとって、美しい標準の見栄えではないでしょうか。

世間には手書きの文字が上手い人というのが、沢山いるのですね。
僕自身も、この人、可愛い文字を書くなと思ったり、器用な書き方をすると思う事もあります。
基本的には、フォントとして取ると、文字に画一的なものを求めなくてもいいと思う人がほとんどだとは思います。

例えば、アルファベットの書き方ってやはりあると思うのです。カリグラフィーは、英字の書道という事らしいですが、文字から生まれた美術というのは、やっぱりルールがあって、そこから美的なものが出来るのですよね。
ちょっと思うのですが、書画ってありますよね。
あれって、筆で絵を描いたり、文字を面白い芸術にしようと思っていた人がいたのではないでしょうか。
何でもかんでも、ただそれだけでいいのなら、灰色のようにつまらない世界になってしまいます。
伝統文化という前に書道というものが出来た歴史が分かるといいですよね。

続きを読む

元の原因とはなんなのか

人を喜ばす、確かにお金がない人は、お金が欲しくてたまりません。でもそれって、その人の心理は、全てお金になっていませんか。
精神的に本人は、疲れてきますし、金がない人の特徴に借り癖、借金、貯蓄という感覚がない、人生の大半が金で解決できると思い込んでいる、長期的な視野に欠けているというものがあると思います。
お金を借りてきた人は、行き当たりばったりで、ただ、遊ぶ金欲しさに、僕からたかっていました。
ポイントとして、そこからです。まず、その人に少し僕はお金を渡します。彼らは表面上では褒め称えます。
ちゃんと話します。なんでお金に困っているのか、その原因は、もっと言うと、お金だけでしかない頭の考えを、自分で疑問視させるのです。
ギャンブル依存でたかる人は、ギャンブルの元となる理由だとか、親父だと、色々な財産の事情の裏にある、何となく金があったら、長年連れ添った妻や、下らない息子と別れて、好きな美味しいものを食べながら遊んで暮らせる。
それが幸せなのかという話をするツールとして、お金は生きると思います。
ただ、ずっとやっていると説法を聞けばお金がもらえると勘違いします。
信頼関係を築けないタイプですが、極力長く付き合って話したり、約束を守るという事をするのも大事ですね。

続きを読む

愚痴になってはいけんでしょうね

自分、ネットのやり過ぎで、明らかに視力がガタ落ちしている気がします。
糖尿もあるのでしょうね。
運動しなくてはと思いながら、又コーヒーでしょうね。

もうそろそろ、もうちょっと先ですかね、暖かいコーヒーが出ても良いと思うのですけどね。
冬だとコーンポタージュが好きです。
あれも血糖値が上がるとは言われましたけど、そうなんでしょうね。やっぱり血糖値が上がるものって、お腹が埋まりますものね。

美味しいというのも、難しいなあと思っているのですけど、いつも親父が、朝ごはん、冷たい昨日のご飯でいいよというのですけど、何故か諦めが言葉の中に入っているのですよね。
冷たいごはんの諦めではなくて、どうせお前らには食糧難の苦しみなどわかるまい、だから俺が食べてやるのだという風に聞こえます。
まあ本人がいいならいいでしょう。食糧難でサラ金から借りるというのは、おっとこれ以上は本人に失礼ですね。

でも、確かに親父に食わせてもらって、家に置いてもらっているので、文句はつけたら間違っているとは思います。
暖かいごはんを炊いて食べればいいだけだと思うのですけど、人間関係というのは、本当に面倒なものだと思います。
気楽に、朝炊いて普通に食べればいいと思うのですけどね。

続きを読む

本の読み方というもの

僕は、哲学のみに終わる説教本というのは、読む分には面白いとは思いますが、実際役に立つかというと、疑問ですね。
生きた哲学、死んだ哲学というものは、理屈で終わっていて、特に実行出来るか出来ないかに始まると思います。
世界平和なんて言いますが、まず、自分をどこまで知っているか、明確な当面の目標に向かって、走れるのか、出来ない事は出来ないと認められるのか、もっと言うと
実行力のない理想論というのはまるで意味がないと思っています。

頭の肥やしとして読む分には良いと思います。考え方として、こういうものなのかという発見にもなります。
実際、良書というものはあるのです。
例えば、古めかしいと思うかもしれませんが、歴史から学ぶ事も多々あるのです。
ただ、本には読み方というものがあると思います。経験からですが、徒然草を読んでいて、年をとってから何かの技術を得るのはみっともないというのがありました。
徒然草は、哲学書ではなくて、誰かが暇つぶしに当時に書いた書籍だそうですから、坊主が遊んでいるとか、どうでもいい事も書いてあります。
はっきり言って、本というのは、読者と著者の二者間で始まっています。
どこかで読んだ本を丸のみにしない事が結構大事です。疑うという事を覚えて読むのが大事です。

続きを読む

発想の転換というもの

親父が金でしか頭がない理由はまだあると思います。
やはり、他に誇れるものがないのです。
人間のほとんどはプライドがあると思います。でも今は過去のものだったり、実績がない場合がある。
プライドを保つというより、母親はプライドを捨てました。
祖母が良く言っていたようです。ごはんを食べるのに、プライドはいらない、そうだと思います。
自分が生きていく上で、本当に悔しい思いもしますし、嫌な事で人間は頭を下げる時もあります。その時に屈辱なんて、感じているより、さっさと終わらせた方が、面倒臭くなくていいでしょう。
高学歴や、何かに自慢している人間は、大概、このプライドが高いために、失敗すると落差がとても激しいですが、親父は僕に似ているのでしょう。
仕事をしてきたという実績。
でもその裏には、色々な悩みや問題があった。
それに対して屈辱を感じて、諦めてしまっていると、自暴自棄から、段々と嫌になってくるのが人間の心理です。
母が、ちょっと遊んで来たらという事を言います。もっと軽く考えた方が人間は気持ちが凄く変わります。

例えば、父と母に当然恋愛感情はありません。母は浮気してもなんとも言わないとは言っています。
だから親父も、楽しみを金から視点を変えるべきだと思います。

続きを読む

若い人の自己肯定感。

若い人で、自己肯定感が少ない人が増えてきたと聞きました。
やり切ったといえるものが、ない人が多いのだと考えています。
周りの評価を気にし過ぎる癖も、若い人にはあると思います。

人間は、実績が結構大事です。それが自信につながります。その為に継続させる事が、自分にとってもっとも有益です。
継続です。途中、何があっても、ずっと自分の信念を貫くという事が人間の実績です。

僕も余り自己肯定感がない人間です。学歴も特に目立った結果も出していないと思います。
借りに小さなものを出しても、こんな程度かと思ってしまいます。
理由として、自分で生きるという行為を出来ているかだとか、自分に正直かどうかという事も、結構大事です。

僕は一つだけ、何回駄目と言われても捨てられないものに、楽器というものがあります。
これは中学時代、誰よりも上手いギタリストになると考えて、ずっと練習していたからです。
それで、未だに楽器というものに対しては、絶対になんとでもなるというものがあります。それが若い人が必要な努力です。

次に僕は、自分には確かに音感があると思っています。
耳コピとかいうものですが、音がどの音か理解出来るつもりなのです。なんでもいいから努力してやり遂げると人間は自信につながります。

続きを読む

朝になりましたね。気持ちいい

空が明るんできました。
結局、何かを目指す事は大事だと、断言します。心に幸せを持つというのは、やはり挑戦してみないと分からないと思っています。

まだ三十代ですから、色々やろうと思ったら出来るのですが、やる事の優先順位もつけなくてはなりません。
確かに今、就職率が高いのは医療や介護、又警備員だとか、決まった職種になっていると思います。
自分に魅力のある仕事をしてみても良いと思っています。
仕事をするというのは、精神系の人にとっては、凄く大きなハードルですが、乗り越えればそれ程、大変でもないはずです。

ギタークラフトの話を結構書いています。頭の中の物事なのだと思っています
演奏が出来るから、本当に作れるのか、それにはまず、行動でそのためにお金も優先すべきでしょう。

コーヒーを飲みながら、やっぱり生きていく上で必要な事ってあるなと思いました。
それぞれの環境の違いは確かにあっても、人間って低評価を受ける一つに、仕事をしていないというのもあると思います。
うつ病で長い闘病生活をしていた人が、働けられたら、それは周りから高評価につながります。
世間は鏡と誰かが言っていた気がしました。そういう部分もあると思います。親父が起きましたね。今日は客の来る日です。

続きを読む

生きた哲学は人から学ぶ

生きた哲学、死んだ哲学で、生きたというのは、実際行動出来た人の体験談が、自分に合っているか合っていないかというのも、とても大きいです。
そういう場合、本だけでは無理な場合があります。
身近な人が、その本の通りに少しでも出来て、幸せになったといって、初めて本の知識も生きてくると思います。
自分でどこまでしたか、という事がないと、机上の空論で終わってしまいます。

なので、生きた哲学は、結構、本物の生きている人から学んだ方が良いのです。
この人って信頼出来る人の行動が、しっかり叶っていれば、それが分野は様々であっても、理論だけの本よりは、はるかに勉強になると思います。
下らない本を読むよりははるかに良いとは思います。
普段ではかっこいい事を言っておきながら、責任を負わないなど、そういう人は、世の中には沢山います。
僕は、やはり、地道に生きている人、見栄や虚勢を張らない人、自分が理屈だけで頭がいいと勘違いしている人には、懐疑的です。
この人達は、いわゆる口先だけと思われてしまうのではないでしょうか。
何でも実行に移せて、それで初めて人も認めrうのだと僕自身は思います。
小さな事から始めると、人は笑うでしょうが、結果が出たら称賛に変わるのです。

続きを読む

仕事としての実績はない。

書道を考える理由の一つには、確かにポピュラーで、子供に教える程度は、真面目に勉強すれば、思うより難しくないと思う事もあるのです。
書道って、教える人が上手いと、すぐに浸透していきます。
仕事はどこまでいっても、人間関係だと思います。
悪評をつけられたら、だとか、まだ書いていながら、僕自身にもウエイトがかかる事があります。

ローコスト開業にしても、知人の石屋さんが言っていました。失敗はつきものだから恐れずにやってみなよと。
彼は自信のある目をしていました。
実際、芸術が好きでそれを仕事にしていて、今も続けているのですから、実際に、自分に自信もあるのでしょう。
仕事として、何でもかんでも考えると、確かに僕には自信がないと思っています。
うなじが血流によって痙攣してしまう事、生活習慣や、果たして大人から子供に教えられるのかという不安などです。
これらはやる前から考えても仕方ないのです。
物事をこういう風にはっきり断言する人がいます。
やるかやらないか、それだけです。
そうだと思ったら、もう結果として、出すしかないと僕は思っています。結局、書道もお子さんから嫌われなければ、それ程難しいものではない、むしろ対人関係で躓いてしまった所を何とかしないといけません。

続きを読む