発想の転換というもの

親父が金でしか頭がない理由はまだあると思います。
やはり、他に誇れるものがないのです。
人間のほとんどはプライドがあると思います。でも今は過去のものだったり、実績がない場合がある。
プライドを保つというより、母親はプライドを捨てました。
祖母が良く言っていたようです。ごはんを食べるのに、プライドはいらない、そうだと思います。
自分が生きていく上で、本当に悔しい思いもしますし、嫌な事で人間は頭を下げる時もあります。その時に屈辱なんて、感じているより、さっさと終わらせた方が、面倒臭くなくていいでしょう。
高学歴や、何かに自慢している人間は、大概、このプライドが高いために、失敗すると落差がとても激しいですが、親父は僕に似ているのでしょう。
仕事をしてきたという実績。
でもその裏には、色々な悩みや問題があった。
それに対して屈辱を感じて、諦めてしまっていると、自暴自棄から、段々と嫌になってくるのが人間の心理です。
母が、ちょっと遊んで来たらという事を言います。もっと軽く考えた方が人間は気持ちが凄く変わります。

例えば、父と母に当然恋愛感情はありません。母は浮気してもなんとも言わないとは言っています。
だから親父も、楽しみを金から視点を変えるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です