永遠の0をみました

映画、永遠の0をようやく観ました。岡田くんが好きなので興味があって見たという感じでしたが、ものすごく切なくて悲しいけどいい映画だと思いました。

神風特攻隊というのは戦争のことを語るにおいては切り離せないものかもしれません。

名前は聞いたことがありましたけど、何を思いどんな風に飛行機に彼らが乗っていたのかはよくわからなかったので、そういうのもすごく勉強になりました。

終戦間近、負け気味の日本が勝つための手段として苦肉の策で特攻隊を編成します。主人公の宮部さんは家族のためにも、生きて帰ることを何より大事にしていた人。

臆病者とかののしられたりしていて、世の中がお国のために死のうという風潮のなか、非国民といわれるようなことを、声をあげて自分の意見を言えることは勇気のいることだと思いました。 最後の最後が本当に切ない。

あそこまで頑張ってたならもう少しで終戦で生き残れたかもしれないのに。飛行機を交換しなかったら生きて帰れたかもしれないのにと思い切ないです。

飛行機が不調なのを見抜いて彼を生かすために、わざわざ変えてくれと頼んだのかなと思います。だとしたら死ぬことを選んだというので、これまた切ないです。

しかし岡田くんがすごい演技力でした。何度も見返してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です